So-net無料ブログ作成
検索選択

伊豆 ~ 日蓮伊豆法難の跡を巡る [写真]

以前、日蓮の伊豆法難の鎌倉にある史跡を巡った。今度はその流刑先の伊豆を訪ねてみることにした。

蓮着寺の最寄りの駅の城ヶ崎海岸駅は本数が少なく不便なため、伊豆高原駅から歩いた方が早くなる。30分以上歩く必要がある。
DSC_0007_707.JPG

一駅分歩いてさらに海岸まで歩くと蓮着寺に着く。ここは、日蓮が置き去りにされた俎(まないた)岩のあるお寺になっている。理由は分からないが、日蓮宗ではなく法華宗のお寺である。
DSC_0015_708.JPG

参道の途中に袈裟懸けの松がある。実際に日蓮が袈裟をかけた松は奥の院の前庭にあったが、昭和9年の火事により焼失したためここに移植された2代目だそうだ。
DSC_0020_709.JPG

境内には樹齢1000年以上のヤマモモ(国指定文化財天然記念物)がある。
DSC_0026_710.JPG

やはり日蓮の銅像があった。(ちょっと痩せてるかな?)
DSC_0030_721.JPG

本堂。山号は俎岩山。
DSC_0028_711.JPG
DSC_0029_712.JPG

肝心の俎岩は、奥の院にある。
DSC_0034_714.JPG

ここが、日蓮が置き去りにされた俎岩。日蓮はこの俎岩に置き去りにされたが、たまたま通りかかった舟守弥三郎という人に助けられたらしい。ただ、確かに打ち付ける波は激しいのだが、岸まで泳いで行けないことは無い気がする。いろいろ検索してみたら、実は今俎岩と言われている岩より、もっと沖の方に本当の俎岩があることがダイバーにより発見されているらしい。なにしろ700年以上経っているので、地形が変わることもあるだろう。違う説を唱える人もいるらしいが、日蓮が入滅して60年ほどの室町時代に日朗門下の日云という人が古老の話を調査して確かめたそうなので、間違いないと思う。
DSC_0039_715.JPG

これが奥の院。
DSC_0052_716.JPG

奥の院の裏に自然研究路というのがあり、そこを少し行くと、灯明台という所に出る。
DSC_0075_717.JPG

ここからは俎岩を真上から見ることができる。
DSC_0068_718.JPG

奥の院に行く途中の道には石食いのモチの木というのがある。
DSC_0089_719.JPG

確かに石を食っているように見える。ちなみにこれは日蓮とは何ら関係が無いようだ。
DSC_0090_720.JPG

次に、蓮慶寺に行った。伊豆急で川奈という駅で降りる。
DSC_0128_722.JPG

山沿いの道路をしばらく歩くと蓮慶寺に着く。道路に面して本堂がある。ここは、日蓮を助けて約30日間かくまい給仕した舟守弥三郎の屋敷があったところらしい。ちなみに、「舟守」というのは命がけの給仕のお礼として日蓮が授けたらしく、本名は上ノ原といい、現在は「ノ」が取れた上原姓の子孫が川奈に百件以上現存しているらしい。
DSC_0136_725.JPG

ここにもやはり銅像があった。
DSC_0137_724.JPG

弥三郎夫婦の墓があったが、写真は撮らなかった。
DSC_0140_726.JPG

弥三郎夫妻は日蓮を近くの漁具を入れておくための洞窟にかくまった。蓮慶寺は山の中腹にあるのだが、洞窟は約200メートル離れた海岸のそばにあるため、結構長い階段を下りる必要がある。(帰りはここを登る必要があると思うと気が重かった。)
DSC_0146_727.JPG

ここが日蓮が約30日間かくまわれていた洞窟のあったところで、御岩屋祖師堂という。小さな建物だ。日蓮が弥三郎に宛てた手紙に「かかる地頭万民日蓮を憎み妬むこと鎌倉よりも過ぎたり」としたためられていることから、非常に危険な土地であったことがうかがわれるらしい。
DSC_0152_729.JPG

次に、仏現寺に行った。蓮慶寺のある川奈から伊東市内までバスで行く。仏現寺は、日蓮が滞在した草庵がある場所である。日蓮が川奈の岩屋に居たときに、たまたま伊東の地頭八郎左衛門祐光が熱病にかかり、薬も他宗の呪詛も効かず危篤状態になったのを、一族の意をくんだ家臣の綾部正清に頼まれて祈祷を行ったところ病気が治ったそうだ。(ただし、法華経を信じることとの交換条件だったらしい)。喜んだ地頭は、伊東家の宝だった、海から引き上げられた釈迦像をお礼にあげたらしい。日蓮はこの仏像を入滅の時まで肌身離さず隋身仏として持っていたらしい。病気を治してもらったけれども罪人として扱うよう鎌倉から厳命されていたため地頭の邸宅に泊めるわけにいかなかったため、地頭の鬼門よけとして建てられていた毘沙門堂に住まわせたらしい。
DSC_0176_731.JPG

境内を奥に行くと、草庵の跡がある。ここで日蓮は赦免状が出るまでの約3年間を過ごしたらしい。42才の厄年のときに鎌倉に帰ったため、厄除けの御祖師様とよばれているとか。
DSC_0183_732.JPG

天狗の詫び状、というのがあるらしいが、見ることはできない。
DSC_0171_733.JPG

次に、仏光寺に行った。仏現寺からは歩いて目と鼻の先にある。
DSC_0206_735.JPG

ここは、地頭の伊東八郎左衛門祐光の邸宅があったところらしい。つまり、仏現寺と同じエピソードを由緒としている。最初、こんなに近くにあって同じ由緒だし、どこが違うのかよく分からなかったが、仏現寺は日蓮の滞在場所、仏光寺は地頭の屋敷跡で、海から出現した仏像があったところということか。日蓮が初めて祈祷を行ったという場所でもあるらしい。ただ、日蓮宗としては霊跡寺院としていないようだ。
DSC_0198_734.JPG

当時は伊豆と言えば流刑地にされるような陸の孤島だったろうが、いまではすっかり道路も整備されて逆にリゾート地になっているのはおもしろいとおもった。





nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

洗足池 御松庵妙福寺 [写真]

池上本門寺に行ったついでに、洗足池の御松庵という所に行ってきた。ここは、日蓮上人が身延山から常陸国(ひたちのくに:今の茨城県)へ湯治に向かう途中、池上宗仲の館(今の池上本門寺)を訪れる際に池の畔で休息して松の木に袈裟をかけて足を洗った、と言う言い伝えのあるところらしい。

東急池上線洗足池の駅前にあります。
DSC_0091_696.JPG

近くに勝海舟の別邸もあったらしい。
DSC_0065_697.JPG

きれいな竹林のある境内。小さなお寺です。
DSC_0067_698.JPG
DSC_0069_699.JPG

本堂?
DSC_0073_700.JPG

ここにも銅像が。日蓮宗は銅像が好きですね。
DSC_0068_701.JPG

現在の袈裟懸けの松は4代目とのこと。
DSC_0077_702.JPG

そのすぐ横に、6代目の松が生えています。5代目はありませんでした。
DSC_0084_706.JPG

洗足池のほとり。
DSC_0079_705.JPG

えさをもらえると思ったのか、ほとりに近づくと鯉と鳩が大挙して押し寄せてきたのでびっくりしました。あいにく何も持っていなかったのであげられませんでした。
DSC_0078_703.JPG
DSC_0080_704.JPG





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

池上本門寺 [写真]

日蓮が入滅した場所である池上本門寺に行ってきた。

東急池上線の池上駅で降りる。
DSC_0003_671.JPG

しばらく歩くと参道に出る。山門が見える。
DSC_0005_672.JPG

山門。正式には総門というらしい。
DSC_0007_673.JPG

ポケモントレーナーへの注意書きがあった。墓所への立ち入りはお断りだが、禁止はしていないらしい。
DSC_0024_674.JPG

この階段は此教難持坂と言うらしい。
DSC_0025_675.JPG

階段を上るとやっぱり銅像が。
DSC_0030_676.JPG

仁王門。
DSC_0031_677.JPG

正式には長栄山というらしい。ちなみに、奥の院は逗子の法性寺にあります。
DSC_0032_678.JPG


DSC_0034_679.JPG

うん
DSC_0033_680.JPG

立派な五重塔があります。
DSC_0040_682.JPG

この立派な大きな建物が本殿、と思いきや、これは大堂と言うらしい。
DSC_0039_681.JPG

大堂の奥に行くと、こっちが本堂らしい。大堂には日蓮聖人が祀られているが、本堂にはお釈迦様が祀られているらしい。人影はまばら。
DSC_0045_683.JPG

本堂の裏に日蓮聖人の廟があります。(ちら見)
DSC_0043_684.JPG

本堂の左に行くと、実際に日蓮聖人が入滅した場所、本行寺があります。
DSC_0046_685.JPG

この坂を下ります。
DSC_0048_686.JPG

大坊本行寺。ここも人影が少ないです。
DSC_0050_687.JPG

宗祖御遺灰堂、とあります。
DSC_0051_688.JPG

身延山から来てここに留まったのでしょうか。
DSC_0052_689.JPG

この井戸の水を使ったそうです。
DSC_0053_690.JPG

大坊本殿。
DSC_0055_691.JPG

ここも長栄山です。
DSC_0054_692.JPG

そしてこちらがご臨終の間。
DSC_0059_693.JPG

御会式桜というのがありました。入滅の時に咲いて、今でも十月に咲くそうです。ただ、この細い木が700年以上も前のものには見えないので、きっと何代目かのものなのでしょう。伝説では、日蓮入滅の時に咲いたとありますが、十月に咲く種類の桜は普通にあるようです。
DSC_0057_694.JPG





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

安房鴨川 ~ 日蓮小松原法難の跡を巡る [写真]

日蓮には四大法難というのがある。そのなかのひとつ小松原法難というのは、天津の領主工藤左近丞吉隆に請われて天津に赴く途中、念仏批判をする日蓮に怒った地頭の東条景信の手の者数百人に襲われ、弟子やお供の人が討死や重傷となり、日蓮自身も額に3寸(9センチくらい?)の疵を負ったという事件だ。その法難の跡を巡ってみた。

安房鴨川駅からスタートする。
DSC_0013_655.JPG

まず最初に行ったのは鏡忍寺。ここにはお供をしていて討ち死にした工藤吉隆や鏡忍房が祀られている。思ったよりも立派なお寺だったので驚いた。あとでよくよく縁起などを読み返したところ、どうやらここがまさに日蓮たちが襲われたその場所らしい。全然知らずにのんきに参拝していた。
DSC_0022_656.JPG

境内には樹齢千年以上になる楓がある。日蓮が疵を負ったときにこの楓に鬼子母神が現れて暴漢の目がくらみ、逃げていったそうだ。だから降神楓と呼ばれている。
DSC_0024_657.JPG
DSC_0026_658.JPG

この事件で亡くなったお供の鏡忍坊はこの場所に埋められたらしい。当初は松の木が植えられていたが、明治時代に台風で倒れたため、今ではその松で作られた日蓮聖人の像が祀られている。
DSC_0032_659.JPG

祖師堂は立派で、新しい感じだ。
DSC_0030_660.JPG
DSC_0034_661.JPG

鬼子母神が祀られている。なんで鬼子母神何だろうと思ったが、理由はあとで分かった。
DSC_0036_662.JPG

本堂は古い感じ。
DSC_0039_663.JPG

ここで事件があったんですね。
DSC_0046_664.JPG

次に、花房蓮華寺に行った。鏡忍寺から北西の方向に行くと、田んぼの中にぽつんと見えてくる。
DSC_0065_665.JPG

これは日蓮が疵を洗ったと言われる井戸。
DSC_0067_666.JPG

本堂はどうやら最近建てられたようで、近代的な感じの建物になっている。日蓮は法難のあとこの地に潜んだらしい。日蓮の師匠の導善坊という人が密かに見舞いに来たときに、師匠に対して阿弥陀信仰を捨てて法華経を信じなさいと言ったらしく、師匠は不快の様子だった、というお茶目なエピソードが残っている。(結局、後に改宗したらしい)
DSC_0070_667.JPG

次は、上人塚というところに行った。道の真ん中にいきなり現れるため、左に行くように思いっきり注意の矢印が表示されている。ここには、そもそも日蓮を呼び出して最後は討ち死にした工藤吉隆が埋められていたらしい。
DSC_0080_668.JPG

次に掛松寺というところに行ったのだが、この上人塚を右に行けば良かったのを左に行ってしまったため迷ってしまった。
DSC_0085_670.JPG

掛松寺は、法難のあった一夜をしのいだときに袈裟をかけた松があった場所らしい。残念ながら境内のどこにその松があるか分からなかった。
DSC_0086_669.JPG

小松原法難の史跡は他にもあるらしいのだが、とりあえず安房鴨川付近のものだけを巡った。鏡忍寺は立派なのだが、そのほかは若干放置されている感が否めなかった。また、日蓮が受傷し、討ち死にした人がいるなど悲惨な事件だけに、巡っていてあまり気分のいいものではなかった。(他の法難では、奇跡的に助かったとかいう伝承が多いのだが)





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

氷川神社 ~ 武蔵国の一宮 [写真]

ある地域で最も社格の高い神社を一宮と言うそうだ。先日ぶらりと訪れた本宮浅間神社も駿河国の一宮であることが後で分かった。他に近場で行けそうな一宮は無いかなと見たところ、埼玉の大宮にある氷川神社が武蔵国(東京、埼玉、神奈川の一部を含む地方)の一宮だそうなので、行ってみることにした。

JR大宮駅の東口から歩く。結構距離がある。
DSC_0001_641.JPG
しばらく歩くと参道に出る。
DSC_0002_642.JPG
大木の並木となっている。大宮駅前とは全く雰囲気が異なる。こんなところがあったんだな、と少し驚いた。
DSC_0005_643.JPG
参道をしばらく歩くと二の鳥居がある。(これが一の鳥居だと思っていたが、あとで調べたら一の鳥居は大宮より一駅東京寄りのさいたま新都心駅の方にあるようだ。)
DSC_0009_644.JPG
浴衣を着たお姉さんが歩いていました。
DSC_0011_645.JPG
参道をさらに歩くと
DSC_0015_646.JPG
向こうに鳥居が見えてくる。
DSC_0016_647.JPG
やっとのことで三の鳥居にたどり着く。
DSC_0018_648.JPG
楼門の前には池があり、橋が架かっている。
DSC_0025_649.JPG
立派な朱色の楼門。
DSC_0027_650.JPG
拝殿は地味な感じでした。その後ろには本殿があります。
DSC_0030_651.JPG
拝殿の前には舞殿というのがありました。
DSC_0033_654.JPG
ここにも巨木が生えていました。
DSC_0032_652.JPG
大宮なんて何もないと思ってたのに、そんな場所にものすごく由緒のある神社があったりするのだなぁ、と思いました。もしかしたら、「大宮」っていう地名は「大きなお宮さん」から来てるのかなと、勝手に想像したりしました。
DSC_0044_653.JPG







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東京五社めぐり [写真]

先日東京十社巡りを2周したが、東京五社めぐりというのもあるようだ。ただし、これは通年を通して行われている物では無く、1月~3月の初詣の期間だけ行っているものらしい。でも東京十社を巡ってやることが無くなってしまったのでとりあえずめぐってきた。東京五社とは、日枝神社、明治神宮、靖國神社、大國魂神社、東京大神宮の5つだが、このうち行っていなかったのは明治神宮と東京大神宮なので、この2社を参拝してコンプリートすることにした。

明治神宮は原宿駅から橋を渡ってすぐの所にある。
DSC_0002_636.JPG
都会の中に壮大な神宮の森が広がっている。
DSC_0004_637.JPG
雨の日にもかかわらず、大勢の人で賑わっていた。特に、外国観光客に人気のようだった。
DSC_0012_638.JPG
次に行ったのは東京大神宮で、飯田橋にある。すぐそばには靖国神社もある。
DSC_0024_639.JPG
東京のお伊勢さまと呼ばれているらしい。また、日本で最初の神前結婚式を行った神社でもあるらしい。
DSC_0026_640.JPG

「東京五社めぐり」のすすめ(東京大神宮)





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

D90を買った [写真]

先日、中古のD90を買った。



理由としては、V1を使っていて、なにか自分の思う写真と違うな、と感じることたびたびがあった。画質がどうのこうの、というような偉そうな話では無い。何だろうな、と思ってしばらく考えてみたが、どうやら、もっと広角で取りたいのではないか、と思えるようになってきた。Nikon 1 用には超広角ズームレンズがある。軽量だし、小さい。欲しいなぁ、と思ったのだが、ボディに比べてレンズは高価であり、中古市場にもなかなか出てこない。出てきても、新品とそう変わらない値段になっている。中古品でも、自分がV1とレンズを中古で買ったときの値段より高くなる。仮に思い切って買ったとしても、Nikon 1 にしか使えない。



それなら、一眼用の、もっと汎用のを買った方がいいな、と思って調べたら、SIGMAの広角ズームレンズがそこそこ安く売っていた。

SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

  • 出版社/メーカー: シグマ
  • メディア: エレクトロニクス


これもそんなに安くないので、すぐに買うことはできない。でも、将来これを買うことを考え、一眼レフにしておいた方がいいのでは無いかと考えた。どの機種がいいのかと調べたら、中古のD90とかD7000を勧める記事があった。D5000番台とかD3000番台だと新しめのがもっと安いのだが、どうもいろいろな面でD90とかD7000番台の方が本格的らしい。D90は発売年だけ見るとV1より古い。でも今でも評価は高いらしい。これに最も安いズームレンズを組み合わせると3万円以内で買えてしまう。V1を買って間もないし、ちょっと悩んだが、これなら気兼ねなく扱うことができるだろうと、以前V1を買ったマップカメラで買うことにした。レンズは、最も安いズームレンズを組み合わせた。



最初使ってみて感じた違いは、EVFになれていたので、最初はプリズムのファインダーに戸惑った。組み合わせたレンズが暗めだったので、ファインダーが暗く感じた。
泉岳寺に行ったときから使い始めたのだが、V1で撮った写真と比べると、微妙にダイナミックレンジが広いような感じがする。黒い部分がより黒く写る感じがする。また、ボケもD90の方がよくぼけるようだ。ちょっと残念だったのは、最近撮影枚数が増えて行くにつれて気づいたことだが、どうやらファインダーで水平を合わせて撮ったのに傾いて写っているようだ。検索すると、一眼レフでは結構あるようだ。中古で良品なのに安めだったのは、こういう理由があったのかもしれない。それから、V1は電子シャッターにもできるので喫茶店とかでこっそり撮影できるが、D90はシャッター音が大きくて消せないのでかなり恥ずかしかった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。